借金返済に関するインターネットのサイトは、数多くあります。その中で、借金返済で苦しんでいる人たちを支援するためのサイトもたくさんあります。借金返済支援だまされないでNETは、借金返済をしている人が、どうすれば月々の借金返済額を減らし、早く完済できるかというノウハウを教えるサイトです。こうした、借金返済の支援を目的としたネットサイトはたくさんありますが、完全に確かな情報であるかどうか、というのは自分で判断するしかありません。借金返済支援だまされないでNETでは、ローンや月々の返済額を半分に減らすといううたい文句で、テキスト販売を行っています。テキスト自体は、3000円程度であまり高額なものではありません。合法的に借金返済額を減らす方法として、そのテクニックを教えるとありますが、実際にテキストの内容を見てみない限りは分かりません。このサイトには、融資支援あきらめないでネットも貼り付けられています。労働基準局の指定番号を載せているサイトや金融業はとても多いですが、こうした番号はお金を出せば、すぐにもらえる番号であったり、正しい番号ではない場合もあります。借金返済に困る人の弱みに付け込む場合もあるので、十分に注意したいものです。

—————————————————————————-
借金返済についての相談
—————————————————————————-
親しい友達から、「借金返済で悩んでいるので、相談に乗ってほしい。」などの相談を受けた場合、どういった対応を取ると良いのでしょう。たいてい、借金返済の相談では、友達から、話を聞いて欲しいと言われたとしても、その話の中で、「明日までに借金返済をしなければならないので、お金が要るのだけれど。」と言った内容の話になることは多いといえます。そこで、相談に乗る人は、あらかじめ「お金を貸して欲しいと言われるだろう」という覚悟を持って臨まなくてはなりません。借金返済で悩んでいる人に、お金を貸すというのは、根本的な解決にはならないと言えます。一度でも、借金返済という問題を、お金を貸すことで解決しようとした場合には、二度、三度と頼まれることもあるでしょう。しかし、借金返済で困っている人に、お金を貸すことは、本人と貸し手の両方の得になりません。これをきちんと理解して、相手を思いやる気持を持つなら、どうすればその人の借金返済が楽になるかを考えてあげるべきです。その場合、まずはその人の生活環境を見直してみることや、弁護士や法律相談所に行くことなどを勧めるのもいいでしょう。借金返済の額を減らす方法をその友達と一緒に調べ、考えていくことこそ、相談された人が取るべき行動だといえるでしょう。

—————————————————————————-
借金返済による自己破産
—————————————————————————-
借金返済がどうして不可能になった場合には、自己破産をすることができます。自己破産をすることによって、借金返済から開放されます。自己破産をするには、裁判所による法的な手続きをとらなければなりません。この法的な手続きによって、自己破産することで免責決定が行われます。免責決定が下りることで、借金返済をしなくても良くなります。これは、100万円借金をした人でも、1億円借金をした人でも同じです。免責決定は、自己破産をすることなので、この後は借金返済の取り立てもありません。そして、こうした借金は、親や兄弟といった家族にはなんら関係がありません。自分の借金返済ができなかった場合に、親が肩代わりすることはないのです。自己破産をするには、自分の住んでいる不動産や、株式や貯蓄などの価値の大きなものは、手放さなくてはなりませんが、その他の家に電化製品などはすべて次の日からも使うことができます。そして、自己破産宣告をしたことは誰にも知られず、しかもその後、借金返済をせずに生活できます。近所の人や子供の進学に関しても就職に対しても、誰にも知られずに自己破産することができます。言ってみれば、事故破産は人生の再スタートと考えることもできるでしょう。


バレずに お金借りる