借金返済がどうしても出来ないと分かった時点で、蒸発したり、自殺をしたりする人もいます。借金返済が出来ないことで、命を絶ってしまうのは、本当に悲惨なことです。また、借金返済ができない場合、任意整理をすることによって、借金の額を減らして借金返済を可能にする方法があります。任意整理は、自己破産とは違って、弁護士や司法書士に貸し手に掛け合って、借金の利子を減らし、支払額を返済可能な額に決めてもらう方法です。消費者金融などでお金を借りた場合、その利子はとても高くなっています。もともと、利息制限法という法律があるため、この法律に違反している場合には、弁護士や司法書士が金融会社と話をして、本来の借金返済の額を話し合って決めてくれます。この話し合いには、裁判所は入らないので、自己破産とは違います。利息制限法に基づいて、借金返済をすることになっても、借り手が支払いきることが出来ない場合には、利息をもっと少なくして欲しいという交渉も、弁護士や司法書士がしてくれます。ただ、これは金融会社と彼らの話し合いなので、必ずしも利息を安くしてもらえるというわけではありません。出来るだけ、任意整理を専門としている、弁護士や司法書士に依頼したいものです。

—————————————————————————-
借金返済における利息制限法
—————————————————————————-
お金を貸した人は、借りた人から利息を付けて借金返済をしてもらうのは当たり前のことです。お金の貸し手と借り手の間で自由に借金返済の利息を決めることが出来るようになっていますが、利息の上限は、利息制限法という法律で決められています。利息制限法では、元金が10円未満の場合には、一年間の利息が20%、10円以上100万円未満の場合には、年利18%、そして100万円以上の場合には年利が15%となっています。けれども、たいていの消費者金融業者の場合には、借金返済の場合にこの利息制限法は守られていません。もし、借金返済をしていく上で、利息制限法や任意整理を知らなかった場合には、法外な利息を払うことになっています。任意整理では、実際に支払った利息制限法を越えた利息に関しても、その利息を借金返済に充てることが出来ます。お金を借りる人は、最初に返済の利息を確かめてから借りなくてはなりません。また、どうしても消費者金融などの業者にお金を借りた場合には、こうした利息制限法があることを知っておかなければなりません。たいていの場合、任意整理をすると、過去に多くの利息を支払い、借金返済をしてきた人がほとんどなので、元金が減ることになります。